2008年6月20日

ペットボトルキャップから、ワクチンを?

何かいい事出来ないか?社会に役立つ事が出来ないか?エコに役立つ事が出来ないか?
文化というのは、平和な社会の中でないと育たないと思っている私ですが、その中で、少しでも社会貢献が出来ないかと、ずっと考えている中で、1つ答えを見つけたような思いです。

このブログは、自分の日本舞踊の世界に限った紹介等をさせて戴くのがメインですが、神様の贈物を有難く頂戴させて戴いている訳ですから、その神様に少しでも恩を返していく方法も考えていきたいと思っています。
そんな中で、ここの処、東葛飾文化祭の委員をさせて戴いて、さわやか千葉県民プラザに通っている内に、面白い企画に気が付きました。


ペットボトル(飲料水)のキャップを集めて、それをお金に替えて、その収益を「世界の子どもにワクチンを日本協会」へ寄附するという企画です。


まずゴミとして、キャップはゴミとして焼却処分されますと、キャップ400個で3150gのCO2が発生するそうです。
ペットボトルのキャップはとても良質なポリプロピレン(PP)から出来ていて、それをリサイクルして、ベンチ等を作るそうです。リサイクル回収業者に、キャップ400個、10円で買って貰い、ポリオワクチンは1人分20円。
20円で1人の子どもの命が救えるそうです。キャップ800個で、1人分。とてつもない数だとは思いますが、思い立ったが吉日とも古くから申しますので、とりあえず、身近な家族、お弟子さん達から、呼びかけをさせて戴きながら、ささやかながら、ボランティア活動をさせて戴こうと思っています。県民プラザでしたら、月1回程度のペースでは、伺っておりますし、私は、それを持って行くだけで、ボランティアに繋がればと考えています。


このブログを見て戴いている方で、賛同して戴ける方、いらっしゃいましたなら、下記から各地にリンクしておりますので、クリックして戴き、詳細をご覧下さいませ。子供、エコ、世界をキーワードに、伝統文化を守っていきたいと思っています。応援の程、宜しくお願い致します。

一番上の体験活動ボランティア活動支援センターが、千葉県柏市の柏の葉にあります、さわやか千葉県民プラザ内です。

体験活動ボランティア活動支援センター

NPO法人 エコキャップ推進協会

世界の子どもにワクチンを日本委員会

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabuki-dance.com/mt4/mt-tb.cgi/9

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)