市山流とは

市山流とは
私は、東京市山流という日本舞踊の流儀に属しております。
その流儀の紹介をさせて戴きます。


市山流のはじまり
市山流は歌舞伎舞踊の中でも古い流儀であり、流祖は宝暦年間に活躍した関西の役者で後に振付師に転じた市山七十郎(なそろう)といわれています。
三代目坂東三津五郎や三世中村歌右衛門が競うように変化舞踊を上演していた文化文政の歌舞伎舞踊発展期、市山七十郎は多くの作品の振付けを手掛けました。一夜づけの急拵えでつくられたと伝えられている『越後獅子』が有名ですが、他にも『大原女』や『相模蜑』、二代目市山七十郎振付けの『角兵衛』や『玉兎』など、現在でも踊られている作品を残しています。
また、初代の長男は狂言作者になった初代瀬川如皐(じょこう)、次男は江戸に下り活躍した女形の三代目瀬川菊之丞であり、市山流は歌舞伎と縁の深い流儀でもあるのです。

もともと歌舞伎で上演される舞踊は役者自身が振付けをしていましたが、舞踊そのものが発達するにつれ、前述した市山七十郎の例にも見られるように「振付師」という生業が生まれました。振付師もいろいろと出てくるようになりますと、その人たちの個性も生まれ、そこから流儀へと発展していきました。そして、その振付師や弟子たちが役者だけでなく、町の娘さんなどのお稽古事として踊りを教え出したのが、今でいう日本舞踊のはじまりというわけです。

東京市山流(松派市山流)とは
三代目市山七十郎が晩年に新潟に移ったことから、今日でも新潟では市山流が盛んですが、三代目市山七十郎の弟子七十吉(なそきち・俳名:松扇)の系統が途絶えていたため、その流れを汲む市山小直門下の市山松翁(しょうおう)が昭和24年に江戸家元として再興しました。古い伝統ある市山流が東京において衰微しているのを何とか世に出すべく、故渥美清太郎、江口博両氏のきも入りであったといいます。
昭和28年松翁没後、長女が市山松扇(しょうせん)を名乗って五代目家元に、昭和34年には松扇から二代目松翁となり、同時に八世松本幸四郎(初代松本白鸚)の部屋子で松本松之助を名乗っていた長男を六代目家元としました。そして平成16年より、六世家元松扇が宗家三代目松翁となり、長男二代目松之助を七世家元松扇とし、現在に至っております。

東京市山流系譜.jpg